読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

息子(5ヶ月)と噛

息子 母(自分)

f:id:jinusionei:20170423220109j:image

 

息子に歯が生えてきました。

 

生えてきてしまいました。

 

嬉しく、微笑ましいことですが

 

乳首をかなり噛みます。

その度に私は叫びます。

その反応が楽しいみたいで

息子はまた乳首を噛みます。

サディストか。

 

脳裏に卒乳という文字が過ぎります。

 

息子(5ヶ月)とホーミー

息子 母(自分)

ぐずり出しそうな息子にホーミーしてみた。

 

初めて聞く母のよく分からない声色に、息子は無言でこっちを見た。

 

ぐずり出しそうになるたびに私は息子にホーミーを聞かせてみた。

 

静かになる!やった!母は新たな技を手に入れたぞ!

 

と思ったんだけど、よく見たら息子、瞳に涙を浮かべて超我慢顔してた。

初恐怖だったかもしれない。

 

ごめん。

息子(当時4ヶ月)と火傷

息子 母(自分)

結論から書くと

本当に赤ちゃんは昨日できなかったことが今日急にできるようになる。その事をまじで肝に銘じたほうが良い。

 

 

息子が火傷しました。

私が火傷させてしまいました。

 

 

 

 

父と伯母と私と息子で回転寿司へ。

父お気に入りの店があり、はやく息子を連れて行きたかったらしく誘われた。

私も出産後初めての回転寿司。息子連れての外食は慣れていたので伯母もいることだしなんも不安なくウキウキ。

 

父は回転寿司に行くと必ず一番初めに味噌汁を頼む習慣があるんです。

…それが、まさかのまさかで。

 

まさか…あんな息子が素早く手を出すとは

しかも、熱々の味噌汁が入ったお椀にクリーンヒットするとは…

 

今だから言えるけど

ニューヨークに行きたいか!って感じの早押しで…。(知らない世代もいるか)

 

お椀はひっくり返り、ほとんどは私が被ったんだけど息子の手に味噌汁がぶっかかる。

 

私と息子と父はフリーズ。

伯母がとっさに息子を抱え洗面台に走った。

遠くで息子のギャン泣きする声が聞こえる…。

 

しばらく手を冷やされた息子は泣き止まず、乳をあげて落ち着かせようとトイレでトライするもの飲まず咥えず泣き止まず。

冷やされた手を見ると…水ぶくれが!!!

 

幸いなことに父が混む時間帯を避けて店を予約してくれた為 、小児科の午後診察が始まる時間までわずかだったので注文した寿司をふた皿ほど食べた後、お店の人に平謝りしまくって小児科へダッシュしました。

 

小児科へ向かう間に息子は落ち着きを取り戻し眠ってしまったんだけど何故か今度は私がパニック状態に。

用事がある為父と伯母とは途中で別れたんだけどその間ずっと私を慰めてくれてました。

 

小児科へ到着してすぐ看護師さんが息子の状態をチェック、当時の状況とか聞かれた。

到着した安心から今度は「虐待だと思われたらどうしよう」という訳わかんない感情が湧いてしまったのだが

 

「大変でしたね。お母さんは大丈夫でした?」

 

と看護師さんに聞かれて自分も味噌汁かぶったことを思い出したら、服が味噌汁に入ってたアオサだらけで…笑

お母さんも一応確認してと言われトイレで確認すると太もも真っ赤。

二人揃って診察になってしまいました。

 

私の方はたいしたことなく、息子も薬塗られてガーゼで抑えられて終了。

「大変だったよね、お母さんお疲れ様ね」

と受付の人に言われて帰宅。

 

息子がすぐ寝て、味噌汁色になった息子の服と、アオサだらけのスカートを洗っていて、シクシク泣いてしまいました。

 

もっと慎重に抱っこしていれば

味噌汁なんて注文しなければ

ごめんよ息子。

 

もう色々後悔の嵐。

 

それから3日に一回のペースで診察。

毎晩火傷に薬を塗りガーゼを巻く。

 

火傷の経過はとてもよくて、傷は今すっかりなくなっている。

 

子持ちの友達にこの話すると

 

ウチなんか顔にやったことあるよー。

旦那に子がダイブして旦那が骨折したよ。

てか子が両手骨折した時はしんどかったよ。

花壇の土食べて謎の下痢が止まらなくてさー。

 

と、出てくる出てくるヒヤリハット事例が。

 

結論、男の子はもっとすごい事やらかすから!!

 

とのこと。

 

 

今回のことは勿論反省する。

子供は急に思いもよらないことをするってことを肝に命じて、慎重に経験を重ねていかなきゃね。

 

それから汁物には細心の注意。

でも外食恐れてしないのもなあって、鉄板焼き屋にも行ってきた。

 

ツイッターのタグに育児ヒヤリハットっていうのがあって、時々読み耽ってる。

 

一番に子を守れるのは自分。

息子の成長とともに、自分も成長していかなきゃね!

 

(そして火傷完治直後にインフルになるという、怒涛の日々でした)

母(授乳中)と酒

兼業主婦 妊婦 母(自分)

所さんの番組で

朝まではしごの旅

ってコーナーがある。

好きな番組の好きなコーナーだ。

 

芸能人が夜から朝まで飲み屋をハシゴしていい感じに酔っ払ってる一般人と飲みまくるというコーナー。

 

そのコーナーが、今、めちゃくちゃしんどい。

 

めちゃくちゃ飲みたくなる!

 

もともと私は飲兵衛じゃない。家で晩酌する習慣も無し。飲む機会がなければ1ヶ月以上飲酒せずに過ごす時もあった。

飲む機会はだいたい職場の人や友達との宴会や食事の席。三次会一人で行きつけのバーに行くのが楽しみだった。

 

まあそんな時間を妊娠発覚からだから一年以上してないわけで。

 

妊娠中は特に「飲みたい!」って気持ちにはならなかった。ただ飲みの席でシラフで酔っ払いを相手にするのは超しんどいなと思ったくらい。

なにより腹の子に悪い影響ないようにと過ごしていたから余計そんなこと考えなかったのかな。

 

今年の正月にノンアルコールビールを飲んで

「嗚呼!この苦味!喉越し!」

と感じて即『授乳中、飲酒』でググってた。

飲酒から授乳まで何時間空けるかは、3時間〜24時間と見るサイトによってバラバラで

少量ならあけなくても大丈夫(少量ってどのくらいなんだろ…)

ってとこもあれば、

2日か3日は開けた方が…

なんてとこもあり

 

「め、め、めんどくせえ!!!」

 

と思って飲んでいませんでした。

 

元々飲兵衛だった先輩は子供卒乳後、キッチンドランカーに。ビールをケース買い、家の在庫が少なくなると不安になるらしい。

ワイン通の友人は、はやく飲酒生活に戻りたくて早いうちから完母から混合、混合から完ミ、離乳食始めた頃には飲酒生活に戻したらしい。

 

そんな話を聞くと、私は単に「お酒のある雰囲気」が恋しいのかなあって。

職場復帰がスムーズに出来たら忘年会シーズンが近いし、それまでお預けかなあ。なんてぼんやり考えてたんですが。

先日友人の結婚パーティーにお呼ばれしまして。

もともと飲むつもりは無かったのだけど、夫に了承を得て飲む事にしました。

 

いやあ、楽しい。飲んでおしゃべりして、楽しい。楽しすぎる。

私が求めていたのはやはり「お酒のある楽しい雰囲気」だったんだなあ。

いい感じに酔っ払って、帰宅しました。

 

でもなんか不思議。

息子にあったら、スッと酔いが覚めた。

母ちゃんモードに戻りました。

自然とリミッターがかかっていたのかな。

 

パンパンになった乳を風呂場で絞っていたら遠くで息子のくずる声が聞こえて

なんか悪い事したみたいだなあ、なんて思ったけど。

 

たまには母ちゃんにもこういう時間またちょうだい!!!!

 

と、強く思いました。

あー、また飲みたい。酒の席に行きたい。

次はもんじゃ焼きをダラダラ食べながらダラダラビール飲みたいわー。

 

 

↓↓↓↓

ちなみにその時は夕方から4時間のパーティーの間ビール二杯、ワイン一杯、シャンパン一杯、カクテル一杯。1時間後帰宅して搾乳。子がぐずって乳を求めたのでその2時間後搾乳仕切って多分でないだろうなって状態で咥えさせました。翌朝からは通常授乳。子(5ヶ月)に変化無し。

 

多分その人のアルコールに対する体質とか、母乳の生産量とか子の月齢とかで全然違うと思うので、授乳中の飲酒はとりあえず控えておいて間違いない。って事にした方がいいですよね…。

息子(5ヶ月)と添い寝

息子

夜、添い寝して寝かしつける。

 

あまりにも寝ている息子が可愛くて

思わず息子の額にチューをした。

 

 

 

 

 

息子が急に私がキスした額をめっちゃかきだして

足をバタバタさせて

「う、う、うえええええ」

と唸り出し

起きた。

 

 

寝かしつけ再スタートです。

 

ごめん息子よ。

家族と感染

息子 夫婦 母(自分)

年度末。

夫は毎週末職場の飲み会に出かけていた。

 

それに対して、うーん、と思うことはあっても、終電前には帰ってくるし、時期的なものだから仕方ないなと思ってた。

普段酒には潰れない夫が珍しく二日酔いしてた。次の日にも響いてた。

 

あれ、それ、二日酔いじゃないんじゃない?

と、熱はかったらフィーバーしてた。

病院いくと…インフルエンザ。

 

すぐ夫を寝室に隔離。

職場に連絡すると同じ飲み会に出席した何人かから同様の連絡があった模様…。

 

夫は「息子にうつしちゃってたらどうしよう」って心配してたけど

息子にはまだ母体からの免疫がギリギリきいてるだろうし、ってか私が感染してたら育児とかどーすんのさ?!

って少し責めて寝かせた。

 

翌朝。

息子が咳き込んでいた。

私も喉が痛い。

 

息子を抱っこすると、なんか重く感じる。

息子の機嫌も悪い。

熱を測ると私も息子も平熱…

 

その日は息子の火傷(後日説明します)の経過を見せに病院に行く日で、心配だからついでに診てもらおうと軽い気持ちで病院へ。

 

私も息子もインフルでした。

 

まさかの一家全滅。

 

でも夫を隔離しなくてもよくなったので同室に。

 

インフルエンザと言われる前まではただ喉が痛いだけだったのに薬もらって帰宅した途端に体がバキバキに痛くなり発熱。

息子も発熱。あきらかに目がすわっている。

 

息子初坐薬。初服薬。

 

夫と交代で息子と添い寝、独り寝を繰り返し…

 

良くなりました。

息子も泣いたり笑ったりする元気が出てる。

 

夫との感染の時間差があったのが不幸中の幸い。

でもこの先私が職場復帰して息子が保育園入って色々もらって帰ってくる…とか考えたら

とりあえず来シーズンから予防接種を家族揃って受けようと肝に命じました。

 

以上。

兼業主婦(休業中)と母

兼業主婦 母(自分)

少し今回は暗い内容です。

 

私の両親は離婚している。

中3から父と姉と三人ぐらしでした。

 

離婚当時、まだ離婚原因を漠然としか理解してなかった私は定期的に母と連絡を取ったり会ったりしてたんだけど

二十歳を越え、社会人になり、世間というものを深く知っていくと母の事を

 

ああ!こりゃあかん奴や!

 

と思うようになり疎遠になっていく。

 

で、母が私や姉が全く関係ない母方の親戚トラブルに巻き込んだ事をきっかけに絶縁。

私が結婚した事は知っているが、夫の事は勿論、子が生まれた事すら教えていません。

 

産んでくれたお母さんなのに…と、思う方もいらっしゃると思いますが

絶縁を決めた時は私も姉も親不孝なんじゃないかとか悩んだりしたんだけど、そうでもしないと自分達がおかしくなってしまいそうだったし、私達を守るために動いてくれた父や父方の親戚への気持ちもあるし。

でも第一に母に気づいて欲しかったんですよね。

離婚して子供と離れ離れになったのは、母に原因があるってこと。なのに母が反省もせず気持ち改め正しく生きてくれないから絶縁されてるってこと。母と離れて暮らした方が健全に安全に父と娘その他親戚が暮らせていること。

 

少しずつのフェードアウトのあと、完全に連絡を絶って5年になる。

唯一母方の親戚で連絡を取っているイトコから

(イトコも殆ど母とは没交渉。法事とかで一緒になるみたい)

 

母が親戚に

「ユリコフは子供まだなのかなあ。妊娠したらなんだかんだ私が必要になると思うのよね」

 

と言っていたんだと…怖。

 

周りの親戚には母擁護(母に言いくるめられてる)人もいるらしいが、それ聞いて殆どの親戚は「オイオイ…」って感じだったらしい。

 

母と娘だもの。いつかは一緒に暮らせる。

なんて未だに思っている母。

情とか絆とか、そういう言葉は嫌いじゃないけどこの場に及んでそれを信じる母。

私と姉が悩み抜いて絶縁を決めたのに、私達の思いは全然通じてなかった。

そう思ったら、怖い通り越して笑えてきてしまった。

 

とりあえず、母を反面教師に息子には私がした苦労はさせたくない。

そんでもって息子にはきちんとした人間関係を築くことを教えなくては。

そして、悪い女には捕まるなよ!と。

 

母さん。

新しいお母さん(夫の母)はとてもいい人で、夫もいい人で、理解があってよくしてもらってるさ。

私はいい家族に恵まれたさ。

だからあなたは必要ない。

 

そう面と向かって言いたい。

言えたとしても、完全には伝わらないんだろうなあ…。