ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

兼業主婦週報6月第3週

月曜日

久々にパンチの効いた淫夢を見る。

少しニッチな機械を導入するため見積もりをお願いした会社に行ったら社長さんが対応してくれたのだが1時間世間話され挙げ句の果てに見積書作ってなくてその場で作り始め「おたくとは取引したくない」と言われる。全然意味分からなかった。買わねえよ。と思った。

出張中の報告していたら部長から「残業代を家で稼げ」と言われる。

リモートワーク云々より言い方だと思う。

まあこの話は別で一つの記事にまとめよう・・時間があったら。

 

 

火曜日

結局昨日のリモートワークの話がモヤモヤしてしまう。

今抱えてる仕事(割と早くやんなきゃいけない)が腹落ちしてない仕事ばかりで余計に捗らない。

そんなこんなで出た打ち合わせで全然テンションあがらず、変に浮く。後悔する。

 

 

水曜日

健康診断再検査。

肺の影は、肋骨の影だった。ほっとするのも束の間、その時撮ったCTで甲状腺のデカさ指摘されエコーを撮る事になる。

前にもデカいっていわれて血液検査して異常なかったんですけど・・と応えて事無きを得ようとしたが「見過ごせないデカさです」と言われる。

そんでもって専門外来に行けと紹介状を貰う為に待った時間が一番長い待ち時間だった。紹介状くれた看護師さんに今後の説明を受けて思わず「めーん(面倒くさいと言いかけてやめた)」と声が出てしまう。

病院近くのオーガニックカレー屋に行く予定だったが気分的に焼きそばUFOを買って家で食べた。

ずーっとシールで満足していたが久しぶりにちゃんと塗るネイルをした。

ネイルの記事も書きたい。

 

 

木曜日

ムカデの夢を見た。

オリンピックのチケット当選に世間が湧く中、syrup16gのチケットが当たる。

腹落ちしてない仕事の一つに手を付ける。やっぱ腹落ちしてないからネガティブな資料になる。

 

 

金曜日

甲状腺の件で病院へ。

前回のエコー写真に先生の見たい箇所が写ってないとのことでまたエコー(後日)、で細胞採らせてください(後日)と言われる。

デカいだけじゃないんですか?と聞くと「おでき(腫瘍)です」とのこと。

悪性の可能性はとっても低いがなぜデカいのか、小さくなるのかなどは細胞とってみないと分からないとのこと。

大きさは、許容範囲の3倍ですと言われたが一昨日の先生から聞いた大きさからだと3倍と5倍のサイズを言われたので、こういう時医者はオブラートに包んで小さい方を言うんだなーと思った。

細胞をとるのは首に注射と言われビビる。だって映画で首に注射だと確実に殺る方法だよね。

結局今日はヒヤリングと採血だけして帰る。

 

 

土曜日

生理本格化。

夕方まで夫と息子と過ごす。

夕方から同好会の飲み会で焼き肉。殆ど仕事の愚痴になるがここまで話せるのはこのメンツだけだなーと思う。早めに帰るつもりの夕方スタートなのに終電で帰る。

 

 

日曜日

一週間遅れの父の日会。

帰宅したらすんごい眠たくなった。