ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

兼業主婦と新型コロナ(2020.4.25時点)

私の日記メモに初めて新型コロナの事が書かれたのは2月1日

マスクを買いに。新型コロナの影響で買い求める人多し、1箱のみ 。

 

2月15日、ナゴヤドームperfumeのライブ。一緒に行った同僚と「中止にならなくてよかったねえ」とか話てた。

2月21日、全然マスク買えなくなる。仕事で立ち寄った雑貨屋で子供用マスクだけ買う。この日以降店頭でマスク見てない

2月24日、トークイベント。トークする人もマスク、客もマスク、マスク姿で写真

2月26日、イタリア出張が延期になる。(その後中止に)

2月27日、休校などの措置が始まりSNSがコロナの件で荒れ始める

2月28日、義母さんより新コロ関連でなってみなくちゃ全然分からない話をされる

2月29日、献血センター激混み。最後の飲み会。三四郎のライブ中止決定

3月2日、トイレットペーパー騒動、キッチンペーパー買い占めてるばあさんみてドン引く

3月10日、最後の出張。明日から外部との打ち合わせが禁止になると客先に言われる

3月21日、ここらへんから週末ショッピングモールに行かなくなる。その代わりに高級スーパーに行くようになる。あと小規模公園のハシゴ

3月23日、来期の予算新型コロナの影響で全体的に見直し通知。担当の事項を急ピッチで整理

3月24日、東京での仕事は進められなくなる。コロナ終息まで休止となる

3月25日、原色の服を着たり、普段買わないような色のアイシャドウを買うようになる

3月27日、何年かぶりのベリーショートに髪を切る

3月29日、この日から週末はステイホーム状態

3月30日、志村けんの訃報、コロナのヤバさを再認識

4月1日、マスク二枚騒動にカチンときて布マスク作製

4月3日、職場でコロナ疑惑の社員発生(結局検査すらできず今も不明で休職中)、管理職が「マスクしてないやつ非国民」発言。安易にマスクが買えない状況であることを理解していないようで職場の雰囲気劇的に悪くなる

4月4日、森三中黒沢さんコロナ陽性。普段空いてるスーパーが車停められないくらい混む

4月6日、取引先からのzoomやteamsを使った打ち合わせの打診が結構くる。翌日7都県に緊急事態宣言

4月13日、集団感染によって仕事が止まらないための席替実施

4月15日、進められない仕事が増え始め社員の残業が減り「暇なんだから今やれることをしようよ」という謎のキャンペーンが職場で始まる。私は育児勤務で残業無しフルタイムで普通に仕事をしていた為、実質仕事を増やされただけ

4月16日、全都道府県に緊急事態宣言。teamsのテスト

4月17日、リモートワークの聞き取り調査。グラフィック関係のPC担当なので色々聞かれる

4月19日、姉から父の「コロナへの意識の低さ」を知らされ、一番怖いのは元気で暇な老人だと確信

4月20日、在宅勤務が現実的じゃない社員が多く時間差勤務になるかもという話

4月21日、保育園での預かりは継続だが玄関口での引き渡しに

4月23日、暇なんだから(略)キャンペーンの一環で4Sとか配置換えとか。増えた仕事もやらなきゃいけないのに・・・

4月24日、暇なんだから(略)キャンペーンで増やされた業務によって人の嫌なところを見ることになり本当に職場が嫌になる

 

ひとまず以上、早く終息しないかな。