ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

兼業主婦週報四月第3週

月曜日

息子起こし抱っこして階段を降りる時に足が滑ってこける。

手は動かしているし体も動いているのに仕事が進まない。色々不安。

新人に教えてもらったメタルバンドが凄く良い。聴きながら帰る。

 

 

火曜日

来週の講義の資料がまとまらない。…てかまとまってるんだけどこれは部長の思惑通りじゃないから通らなそう。でもこれでいいと思うんだよなあ。

ミシン作業も上手くいかず。油かな。

息子迎えに行くと遅番担当の先生達が暗い雰囲気だった。

火曜日にして木曜日くらいの疲労さ。

 

 

水曜日

雨、傘ささず。

ミシンはやはり油。日に日に上手くなっていく。ここのとこミシンの時間が一番落ち着く。

工場を動かす系の仕事はよくわからないので色んな人に助けられる。

直属の上司のスケジュール感覚が信じられなくなる一件が。自分を信じて不安なところは自分で潰そう…

ドリンクベンダーで一杯サービスされた。ラッキー。

 

 

木曜日

朝のツバメがうるさすぎて起きてしまう。

直属の上司と営業に不穏な空気。平和でいてくれ。どっちも沸点低い。

ランチは先輩とインドカレー。今までパンパンだけどかろうじて閉じる事が出来ていた乾燥タピオカと言う名の愚痴の入った瓶に水を注がれた気分だった。

部長から今年のサローネの愚痴を聞かされ来年の打診がくる。まあ来年の事だから分かんない。誰かとの同室は絶対に嫌だ。

講義の資料は部長より合格点もらう。安堵。

 

 

金曜日

ここのところ忙しかった仕事の最終報告。

作業者に何の労いもなく自分の知識の高さを知ってほしいだけのイチャモンつけられ、上司たちも作業者の大変さは理解しているのにフォローもせず非常にがっかりした。新人の初めての仕事でかなり頑張ってくれたのに。こちらに目もあわせなかったわ、まじであいつ嫌い。と終わってから作業者だけになったときに久しぶりに感情的に人前で怒った。

こんなこと言っちゃってごめんって新人に謝ったら「いえ、面白いっす」と言われた。

今日は夫が有休につき息子の回収してくれたので残業中に業務外の溜まった書類を片付けた。

大学に送る荷物がサイズオーバーで手書きの送り状7枚しんどい。

 

 

土曜日

夫は夕方から友人と食事だったため、それまでの時間家族サービスをみっちりだった。

特に不満はなかったが夫が家を出る1時間前くらいに少し昼寝しようとしたら息子が間髪入れず色々要求。気がついたら夫が昼寝しており結果私は一睡も出来ずキレそうになった。

っていうかまたプレ生理になりそれもあってめちゃくちゃイライラしてた。そんな状況にうんざりしていた。

 

 

日曜日

夫は昨晩の食事でGWに友人数人を自宅に招待する事になったらしく、家を片付け始めた。

いつも突然始めるし、それは実父もそうだったので慣れてるけど片付けたいエリアの私のものを全て一つの山にするので大変腹が立つ。

1週間休んでた爪を塗り直した。