ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

兼業主婦と職場復帰直後

職場に復帰して複数の子持ちの人から言われるのが

 

「はじめの一ヶ月は大変だったなあ」

 

 

復帰して1ヶ月。

息子はスイッチが入ったかのように熱を出しまくり、下がったと思ったらぶり返し、の、繰り返し。

 

f:id:jinusionei:20171115075058j:image

こんな微笑みも何か企んでいるのではないかと思ってしまう。

 

幸い夫や義母のサポートもあり、仕事は休みがちではあるものの進められているが…。

自分は元気!(息子も熱はあるけど元気なんだが)なのに仕事を休まなくてはいけない…っていうのはしょうがないってのは分かっているけど、なんだか気持ちの整理がつかないものですね。

 

 

「2歳までは大変だけどそれからは仕事も子育ても楽になってくから!」

 

とも言われたのでそれを信じて仕事に育児に頑張ろう…

 

 

職場復帰は色々と不安しかなかったのですが

上司とも他の人との不穏な空気は察するものの、私は特に当たり散らされる事も今の所はなく。

逆に融通を利かせてもらったりと、他の人が上司だったらこうはしてくれないよな…という事まであって。

先輩曰く私は人との距離感をうまく取れるらしいからやっていけるんじゃないか。との事。そうかな?先日上司が私に仕事の説明するためにラフスケッチ描いてたけど全然パースがとれてなくて「おい!M美卒!しっかりしろ!」と叱咤したけどそういう距離感なのだろか…。

 

そんな事よりしんどかった事がある。

復帰してから仕事の内容が若干変わって外に出る事が増えたんだけど、目的地に向かうまでの時間一緒に行く同僚や他部署の人や上司と複数名の時があり雑談になる。

内容は主に色恋の話になる。同行の人に年頃の人が多いから。

 

それがね、かなりしんどい。聞いてるだけだけど。

 

育休前まで私は会社にいたもののデスクに籠ってとにかく絵を描く仕事をしていて、人と最低限の交流しかしてこなかったからまず人が分からんし

 

職場の人の現在進行中のやったとかやってないとかの色恋沙汰なんて興味なくて(まあこれがしんどい一番の理由)。酒の場ならまだしも。

 

デスクに籠って仕事してた頃の雑談て、周りのメンバー的に映画とか音楽とか車とかバイクとか。たまに仕事の愚痴があるくらいで趣味の話ばっかりしてたからなあ…。

今もたまに趣味の話が出てもゴルフとか…生きてるフィールドが違うんだな。多分。

 

これも慣れていくしかないね。この人たちに私は迷惑かけながら仕事してる訳だし…。

 

でも、この子は幸せになって欲しいなあと思ってた人が現在進行中で幸せになったみたいで、その話を聞けたのは良かったなあ。まあ…それだけだよね…

 

愚痴だけになってしまった…