ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

母子と恐怖のエレベーターボーイ

息子が7ヶ月になったくらいからようやくベビーカーに乗れるようになった。

そうなると必然的にエレベーターに乗る機会が増える。

世の中にはエレベーターに乗る人、乗らなきゃいけない人が多いんだなと、今更ながらエレベーターの需要を知り、乗った時はゆずりあいと思いやりの精神を発揮したり感じたりする。

 

さて。

平日の某ショッピングモールにて。

私は息子をベビーカーに乗せ、エレベーターに向かっていた。

丁度扉が開いた状態のエレベーターがあり、それに乗れたら、と思って向かっていた。

私の前を同じエレベーターに向かう杖をついたおじいさんがいて、おじいさんは私たちに気付き、閉まりそうになった扉を体で抑えるようにして待ってくれていた。

私はおじいさんにお礼を言ってエレベーターに入る。

すると、中にはおばあさんと体操服姿の男の子がいた。おじいさんの連れだった。

 

息子はエレベーターに入るなり、老婆もいるし鏡もあるしニコニコしてたみたいで、おばあさんは息子を見て「あらかわいいわねえ」とニコニコ。

男の子は幼稚園児くらいかな。エレベーターのボタン(低い位置にあるやつ)をガチガチ連打していた。

私はてっきりエレベーターの「ひらく」ボタンを連打してくれていると思った。なので「ありがとう」と言おうとしたら。

 

男の子は「とじる」のボタンを連打してた。

しかも鬼の形相でこちらを睨んでいる…。

 

扉が閉まり、ほんの少しの静寂の後…

 

「おじーちゃんがモタモタしてくるからひとがはいってきちゃったじゃん!!!!!」

 

男の子は大声で叫んだ。

おもわず私が「ご、ごめ…」と言いかけたところでおじいさんが

 

「赤ちゃんは歩けない、ベビーカーはエスカレーター使えない。◯君(男の子のこと)は元気だろう?だったらエスカレーターでも階段でもいいんだよ?」

 

と男の子を諭した。

男の子は正論言われて返す言葉がなくなったのか

 

「あ゛ーーーーっっ!」

と叫びながらおじいさんの足の甲をガンガン踏みつける!!!!

 

ちなみにおじいさんもおばあさんもイ◯ンていうより百貨店にいるような上品な雰囲気でおじいさんは白い革靴はいてた…。

 

おばあさんは息子とニコニココミュニケーション続行中で私は踏みつけられているおじいさんの革靴を見るしかなかった。

 

おじいさんは、ガンガン足を踏まれながら

「なんで◯君はそんな意地の悪い子になったんだ!」って言ってた。

 

エレベーターの扉が開く。

目の前はおもちゃ売り場のコーナーで男の子は奇声を発しながら出て行く。

その後をおばあさんが追いかけ、おじいさんは杖をついてゆっくり歩き始めた。

 

私もその階で降りて別の方向に行ったけど、男の子の奇声はまだ聞こえた。

 

いやあ…

子供ができてからまだそんなだけど子供を見る機会も接する機会も増えてきて

子供って素直で優しい子が多いんだなと思ってた。

たまに共有スペースのおもちゃを独り占めしちゃうとか、欲しいもの買ってもらえなくて駄々こねてるとか、楽しすぎて手が出ちゃったとか

そんな場面にも出くわすけど、どっちかっていうと本能が優っている感じ。大人になる過程みたいな。

この場面に出くわした時、言い方悪いかもしれないけど、なんだか子供の「悪」の部分だけ見せられた感じ。人の子供に対して初めて「息子はこんな子供になってほしくない!!!」と思ったかもしれない。

 

なんだかぼーっとしちゃってその後買うもの忘れて帰宅してました。

 

きっとこの先こんな悪子供エピソードなんて何度も経験するのかもしれないけど…新米母にとっては衝撃的な体験だった。