読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトに死んでいる 兼業主婦は 発光体

あえて抵抗せず子育て中。

妊婦と入院(出産記その4)

病院に入り、二階にあるナースステーションに行くとすぐ看護師さんが対応してくれた。

ぼんやりとしか覚えてないのだけど、破水が本当に破水なのか調べるために尿検査する?とかなんかですぐトイレに連れていかれた。

 

私はタクシーを待つ間、下着を変えたんだけど何かあったらと妙な機転がきいて産褥パッド(大昔のナプキンみたいなやつ)をあてていた。

 

それがトイレに入ってパンツを下ろした途端

ボロン

と床に落ちた。

めちゃくちゃパンパン。中のポリマー大活躍。

全然そんな感覚なかったのでビックリしてるうちに、ジャーっとまた出て床がビショビショに。

尿を出す前にそのままトイレの個室のドアをちょい開けして外で待つ看護師さんに

「トイレ汚しちゃったー、ごめんなさい、何か拭くものください」

というと、看護師さんが中の様子を確認し

「あー、確実に破水だわ、そのままでいいから、おしっこ出る?出るなら出してね」

とここまでのくだりは覚えているのだが、尿を出したかは記憶からスパッと抜けている。多分出したと思うけど。

 

で、その後病室に案内された。

個室だったんだけど、テレビとか備品とかリネン類のレンタルシステムとか、色々説明されるが全然頭に入らず。

希望してた個室よりなんか広くて豪華な所を案内されてる気がして、空室の状況で仕方がないのかもしれないけど差額とか大丈夫かな…とかナースステーションから一番近い部屋でもしかして私危険な状態なのかな!?とか考えてるうちに陣痛がきたりしてとにかく全然説明は頭に入らなかった。

 

一通り説明が終わってパジャマに着替えた所で義母と夫が到着した。

しばらくして姉も到着し、ものすごく安心したのを覚えている。

度々くる陣痛も義母からレクチャーを受けた夫が背中をさすってくれ気分的には楽になった。

 

面会時間が終わって義母と姉は帰った。

次会う時には生まれてるのかしらねーなんて話しながらわかれた。

 

病院は配偶者か身内1人一緒に泊まることが出来たから夫はそのまま泊まり。

初めての入院。まだこの時点ではリラックスしていた。